歯を白くする「ホワイトニング」、やり方によって費用・効果はどう変わる?(テスト)

審美歯科デンタルサロン・プレジール TOP  >  歯を白くする「ホワイトニング」、やり方によって費用・効果はどう変わる?(テスト)

プレジールにご来院される方の中でも、ご相談を受けることが多いのが「歯の色」に関するお悩みです。歯を白くする施術「ホワイトニング」とはどのようなものなのか?その特徴とメリット・デメリットをご紹介します。

ホワイトニングとは?歯をきれいにするクリーニングとはどこが違う?

ホワイトニングと、同じく歯をきれいにする方法のひとつ「クリーニング」は、何が違うのでしょうか?
クリーニングとは、歯の表面についた汚れを落とし「歯を元の状態に戻す」ものです。そのため、表面の汚れが原因で歯が変色している場合には効果がありますが、歯そのものが黄ばんでいるときには効果がありません。
これに対し、元々の自分の歯の色を白く明るくするのがホワイトニングです。汚れではない「歯そのものの黄ばみ改善」を期待できるのがクリーニングとの大きな違いです。

ホワイトニングと呼ばれるものには、「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」「セルフホワイトニング」の3種類があり、どれを選ぶかによってホワイトニングの効果はもちろん、費用や(施術&効果の持続)時間が大きく変わってきます。自分に合った方法を選ぶためには、それぞれの違いを把握することが大切です。

ホワイトニングの方法は3種類!それぞれの特徴を知って最適の施術を受けよう

3つのホワイトニングの方法の特徴をチェックし、自分の歯の状態(色)に合ったものがどれか探ってみましょう。

即効性に優れる「オフィスホワイトニング」は、すぐに白くしたい方におすすめ!

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で歯科医師の管理のもとに行われるホワイトニングのことです。歯の表面に過酸化水素を主成分とするホワイトニング剤を塗り、そこに光を照射する方法が一般的ですが、光をあてない方法もあります。ホワイトニング剤に含まれる酸素が、歯のエナメル質(歯の表面の層)に付着した色素と結び付くことで色素を無色透明化。歯の表面構造を変えて、光の乱反射を発生させることで歯が白く見えるようになる方法で、1回~数回の通院で効果を実感することができます。

なお、オフィスホワイトニングは、使用する薬剤の種類や施術範囲によって価格が変わり、その価格は数千円から50,000円前後とまちまちです。歯科医院によって、歯の本数で価格が決まるところもあれば、上・下の歯すべてに施術を行う前提で金額を提示しているところもあるので、施術を受けることを確定させる前に、条件を確認することが大切になります。

オフィスホワイトニング施術

家でじっくり行う「ホームホワイトニング」で、自然に少しずつ白くしよう!

歯科医院で施術を受けるオフィスホワイトニングに対し、ホームホワイトニングは、歯科医師の監修は受けるものの、ホワイトニング自体は自宅で行う方法です。歯科医院で歯型を取って専用のマウスピースを作り、そこに専用の薬剤を流し込んで、毎日一定時間、歯に装着します。
歯が白くなるメカニズムはオフィスホワイトニングと同じですが、使用するホワイトニング剤の主成分は過酸化尿素に変わります。過酸化尿素は過酸化水素に比べて反応が緩慢なので、効果が出るまでには時間がかかり、ホワイトニングの効果を実感するには、毎日2~4時間のマウスピース装着を2~4週間続ける必要があるでしょう。

ホームホワイトニングの価格は、マウスピースの作成と薬剤を合わせて15,000円から数万円程度が相場です。なお、一度マウスピースを作っていれば薬剤だけを追加購入することが可能で、その場合は1本2,000~3,000円前後になると考えてください。

ホームホワイトニングのマウスピース

手軽だが、効果は期待できない「セルフホワイトニング」という方法も

セルフホワイトニング

先にご紹介した2つが歯科医師の管理、または監修のもとで行われるのに対し、すべて自分で行うのがセルフホワイトニングです。サロンやエステにコースが設けられている場合が多いのですが、法律上、歯科医師か歯科衛生士でなければお口の中にふれてホワイトニングを行うことはできないため、サロンスタッフからの説明を受けた後、薬剤の塗布やライトの照射などをすべて自分で行うことになります。
また、使える薬の種類にも法律による規制があるため、過酸化水素を含んだホワイトニング剤を使用することができないことも大きな違いです。そのため、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングのような漂白効果はなく、歯の表面の汚れは落とせても、歯そのものを白くする効果はほとんど期待できません。歯の汚れが気になっているだけなら充分ですが、歯そのものの色を白くしたい場合には、おすすめできない方法です。治療費は安く、施術1回あたり5,000円以内が相場となっています。

自分に合ったホワイトニングの方法は「時間」と「費用」を軸に選びましょう

このように、セルフホワイトニングは別物ですが、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングはどちらがいいというものではなく、それぞれ一長一短があるので、自分の生活スタイルや希望に合ったものを選ぶことが重要になります。その際にポイントとなるのは「時間」と「費用」です。それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

<オフィスホワイトニング>

  • 1回の施術時間は1時間ほど。1回から数回の通院で効果が出るので、短期間で効果を得たい場合におすすめ。
  • すべて歯科医院で行ってくれるので、自分は何もしなくて良い。
  • ホワイトニングの効果継続期間は半年から1年ほどが目安。
  • トータルでかかる費用は、ホームホワイトニングより高くなりがち。
  • 歯科医院によって施術条件が異なるので、施術を受ける前にしっかり確認する必要がある。

<ホームホワイトニング>

  • ホワイトニングの効果を得るには、1日2時間~6時間のマウスピース装着を2~4週間続ける必要がある。
  • 色の後戻りが少な遅い。
  • ホワイトニングの効果継続期間は、1~2年ほどが目安。
  • マウスピース作成後は薬剤の追加購入だけで済むので、トータルの費用はオフィスホワイトニングより安くなることが多い。

ホームホワイトニング

多少費用がかかってもすぐに効果を得たい場合はオフィスホワイトニング、時間をかけても長期間効果を得たい場合はホームホワイトニングがおすすめです。また、両方を併用することで、さらに高いホワイトニング効果を得る「デュアルホワイトニング」という方法もあります。

患者様に寄り添うことから始まるプレジールのホワイトニング

2つのホワイトニング施術は、もちろんプレジールでも行っています。ホワイトニングで最も大切なことは、言うまでもなく、患者様が望む白く健康的な歯の色になること。なお、施術に際しては、患者様それぞれの歯の色や口の中の状況に合わせた配慮が必要です。そのため、プレジールは「完全予約制」を採用。初めに担当歯科医師が丁寧なカウンセリングを行います。患者様のご希望をしっかり伺ったら、実際に見本と見比べながら(自然に見える)白さの度合いを決定し、口腔内全体を検査してホワイトニングが可能な状態であるかをチェック。その上で、どちらの方法が適しているのか、ご希望の白さに達するまでの期間や費用感をお伝えするようにしています。

ちなみに、オフィスホワイトニングは、歯の表面のクリーニング、ホワイトニング剤塗布、安全性の高いLEDライト照射、ペーストの除去、トリートメントの順で施術します。施術内容が多く感じられるかもしれませんが、実際の通院回数は1~5回で済む場合がほとんどです。料金も初回1回のみなら19,800円、3回コースでも52,000円となっています。

一方、ホームホワイトニングの場合は、担当歯科医師と相談しながら歯型採取、マウスピース作成と進み、通常その日のうちにマウスピースと薬剤をお渡ししています。こちらは4週間プランで38,000円、追加の薬剤ジェルは2,500円です。

要チェック!ホワイトニングが向かない人もいる!?

ホワイトニングは歯を白くする優れた方法ですが、すべての方に有効というわけではありません。ホワイトニングの効果があまり期待できなかったり、そもそも施術が非適応だったりという場合もあるので、以下に該当する方はご注意ください。

<あまり効果が期待できない>

  • 重度のテトラサイクリン歯
  • すでに神経を抜いた歯

<非適応>

  • 妊娠および授乳中の方
  • 無カタラーゼ症の方(ホワイトニング剤の主成分である過酸化水素を分解する、カタラーゼが不足する先天性の病気の方)
  • 小児

白い歯を手に入れたいと思ったら、まずはプレジールにご相談を!

ホワイトニングを受ける際には、費用とかかる時間、期待できる効果についてしっかり説明してくれる歯科医院を選ぶことが大切です。
ホワイトニングに興味があるのに「良い歯科医院が見つからない」と迷われている方は、ぜひ一度プレジールにご相談ください。

ティーシーズの試し貼りをお気軽に 体験できます!「無料シミュレーション 体験」受付中!

ティーシーズについての紹介動画はこちら

デンタルサロンプレジールはあなた のライフスタイルに合わせたデンタルラ イフをご提案します          
メール無料相談
         
オンライン予約
お問い合わせについて 050-1234-5678無料メール相談オンライン予約
ティーシーズ
ホワイトニング
口元のエステ
付け八重歯
ブライダルプラン
歯の審美クリーニング
遠方でもあきらめないで!
6つの特徴
取り外しOK付け八重歯
歯科用語集
歯列矯正とティーシーズの比較

PAGE TOP