お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

再診・その他のお問い合わせ

オンライン予約

無料メール相談

炭酸水で歯が溶けるって本当? 酸蝕歯の治療と予防について

メニューへ
デンタルサロンプレジール
無料シミュレーション体験

炭酸水で歯が溶けるって本当? 酸蝕歯の治療と予防について

Pocket

皆様、こんにちは。デンタルサロン・プレジールの歯科医師、川邉(かわべ)です。いつも「歯医者さんがホンネで薦める審美歯科ここだけの話」をご愛読いただき、ありがとうございます。このコラムでは、毎回ひとつのテーマについて、皆様のお口の健康や口元の美しさに役立つ情報をご紹介しています。

さて、皆様は子供のころに「炭酸飲料は歯を溶かすから、飲みすぎてはダメ!」と言われた経験はありませんか? これは、炭酸飲料に含まれる糖分が虫歯の原因になり、いずれ歯を溶かす可能性がある…ということではありません。歯のエナメル質は、pH5.5を下回ると溶け出すことから、酸性度の高い飲料や食べ物のとりすぎには注意しなくてはならないのです。
今回は、酸が原因で溶けてしまった「酸蝕歯」の治療法と予防法を中心にお話ししていきたいと思います。

炭酸水は歯に悪い?

炭酸飲料というと甘い清涼飲料水を思い浮かべますが、最近はさまざまなメーカーから無糖の炭酸水が発売されています。美容や健康に良いという情報も多く、普通の水やお茶の代わりに炭酸水を飲んでいるという人も多いでしょう。しかし、炭酸水も酸性の飲み物であることに違いはありません。これら、糖分を含まない炭酸水も、歯に影響を及ぼすのでしょうか。

結論から申し上げますと、炭酸水は炭酸ガスを含みますが、水に比べてわずかに酸性度が高い程度です。そのため、炭酸水で歯のエナメル質が溶け出す可能性はかなり低いといっていいでしょう。
ただし、飲み方には注意が必要です。歯が酸の影響を受ける時間を短くするため、口の中に長く含まないこと、だらだら飲まないことを心掛けてください。
また、飲むタイミングも重要です。寝る前に口の中をさっぱりさせたいという理由などで、炭酸水を飲むことは避けましょう。寝ているあいだは唾液が減るため、口の中が酸性に傾いたときに中和してくれる効果が期待できないからです。もし、就寝前に炭酸水を飲んでしまったときは、水で口の中をゆすいでから寝るようにしましょう。

酸蝕歯が引き起こす問題と発見する方法

初期段階の酸蝕歯は、ほかの歯と比べても見た目に違いがなく、痛みなどの自覚症状もありません。そのため、「気付いたら進行していた」という事態になりかねないのが怖いところです。
しかも、一度酸蝕歯になってしまったら、自然に元に戻ることはありません。知覚過敏が重症化し、歯の先端にひび割れやへこみが見えてきたら、酸蝕歯の状態はすでに中期以降に入っていると思ったほうがいいでしょう。さらに進行すると、歯のへこみから虫歯になったり、歯の中にある神経を損傷したりします。
審美面にも大きく影響しますので、できるだけ早期に酸蝕歯のサインを見つけ、適切な治療をすることが肝心です。歯にライトをあてたときに先のほうが透明になっている、黄ばみがある、歯の表面や角が丸みを帯びているといった初期症状に心当たりがあるときは、すぐに歯科医院へ行きましょう。

酸蝕歯の治療法

酸蝕歯の治療は、症状の段階によって異なります。
初期であれば、エナメル質を強化する歯磨き粉を使ってセルフケアをするか、歯科医院で歯を強化する薬剤を塗ってもらいましょう。中期以降は、被せ物や詰め物をして欠損状態の歯を補うか、歯の再石灰化を促す薬剤を入れたマウスピースを装着する「3DS治療」が考えられます。
審美的な問題の解決法としては、歯を抜いたり削ったりせずに、創作歯を貼り付けて色や形を美しく整える「ティーシーズ」も有効です。
ただし、エナメル質がほぼ残っていない場合や、状態が著しく悪い場合は、抜歯せざるをえないこともあります。そうなる前に、歯科医院で治療を始めることが大切です。

酸蝕歯の予防法

酸蝕歯は、生活習慣の見直しによってかなりの確率で予防することができます。ここでは、具体的な予防法を3つご紹介します。

1 酸性の強い飲み物や食べ物の過剰な摂取をやめる

酸性の物を多くとっている自覚があるときは、意識して減らしましょう。酸性の飲食物を摂取したら、水で口をゆすぐことも大切です。

2 酸の強い物を食べたり飲んだりした後は、時間を空けて歯を磨く

口の中が酸性に傾いていると、歯のエナメル質はやわらかくなっており、歯磨きをすることで傷付いてしまいます。少し時間を空けて、やわらかい歯ブラシで優しく磨くようにしましょう。

3 適度にガムを噛んだり飴をなめたりする

唾液には、エナメル質の保護と酸を中和する効果があります。適切なタイミングでガムを噛んだり飴をなめたりして唾液を分泌することは、酸蝕歯の予防につながるのです。

酸蝕歯の改善・予防は、生活習慣の見直しと早期発見がカギ

酸蝕歯は、進行すると最終的には歯を失う可能性がある、恐ろしい疾患です。
歯が溶けてなくなる前に生活習慣を改善し、3つの予防法を実践しましょう。もし異変を感じたときは、すぐに歯科医院を受診するようにしてください。

Pocket

コラムのテーマについて

いつもコラムをご愛読いただきありがとうございます。
当コラムは、毎回テーマを決め、歯科医師・審美歯科医師の視点から書いたものです。テーマの選定は、患者様からのご相談や歯科医師として気になったことをもとに行っておりますので、当院では行っていない治療に言及している場合もあります。
おかげさまで、読者の皆様から多くの反響をいただいており、ご質問には丁寧にお答えするよう心掛けてまいりました。しかし、当院で行っていない治療などにつきましては、お問い合わせをいただきましても、受付窓口がお答えできないことを予めご了承ください。
これからも当院、並びに当コラムをよろしくお願いいたします。

デンタルサロン・プレジール

 
 

PAGE TOP