お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

再診・その他のお問い合わせ

オンライン予約

無料メール相談

歯の表面が白くなるホワイトスポットの原因別対処法

メニューへ
デンタルサロンプレジール
無料シミュレーション体験

歯の表面が白くなるホワイトスポットの原因別対処法

Pocket

こんにちは! デンタルサロン・プレジールの歯科医師、川邉(かわべ)です。「歯医者さんがホンネで薦める審美歯科ここだけの話」をご覧いただき、ありがとうございます。
このコラムでは、私のこれまでの経験や患者様のお話をもとに、気になる歯の話や、歯や口元を美しく保つためのヒントをお届けしています。今回は、歯の表面にできる白い斑点「ホワイトスポット」をテーマに取り上げてみました。ぜひ最後までお読みください。

ホワイトスポットとは?

ホワイトスポットとは、歯の表面にポツポツとできる白い斑点のこと。「エナメル質形成不全」の一種で、「エナメル質石灰化不全症」とも呼ばれています。痛みなどはありませんが、見た目が気になって歯科医院を受診する人が多いようです。
軽度の場合は歯がまだらになっているように見える程度ですが、重度になると歯のデコボコが目立つようになったり、歯に穴が開いたり、黄色っぽく変色してきたりします。

ホワイトスポットの原因は?

ホワイトスポットができるおもな原因は、以下の3つです。

エナメル質が酸性化した初期虫歯

歯の表面のエナメル質が酸性化してカルシウム分が少なくなり、「脱灰」という虫歯の初期症状を起こすとホワイトスポットが現れます。

遺伝や後天的な理由によるもの

ホワイトスポットには、遺伝による先天性のものと、歯の形成期に起きる何らかの障害による後天性のものもあります。遺伝と考えられるホワイトスポットは、乳歯、永久歯のすべての歯に起きますが、遺伝は極めてまれなケースであり、その多くは後天性のものと考えていいでしょう。
後天性の場合は、歯の形成期の栄養不良や高熱を出すような病気によって歯の形成が阻害され、白濁や白斑、黄斑、褐色斑など、石灰化の症状が引き起こされたものです。
症状が現れた歯はとてもやわらかく弱いため、虫歯になりやすくなります。見つけたらすぐに歯科医院を受診しましょう。

子供の歯が茶色いのはエナメル質形成不全?矯正は可能なのか
3歳5か月。形成不全の歯の治療法は、フッ素のみですか?

外傷によるもの

乳歯の段階での外傷が原因でエナメル質がうまく作られず、永久歯にホワイトスポットが現れることがあります。また、永久歯も、外傷で歯にヒビが入ると歯の結晶の構造が変わり、白く濁ったホワイトスポットが現れることがあります。

ホワイトスポットの治療法

かつては、ホワイトスポットが現れた部分を削って詰め物をするか、カルシウムを補う歯磨き粉を使用して治癒を待つしか方法がありませんでした。現在では、歯を削ることなく治療できるさまざまな方法があります。
ホワイトスポットの原因別に、治療法を見ていきましょう。

初期虫歯の場合

初期虫歯が原因でホワイトスポットができている場合、虫歯を治療すれば改善が期待できます。

エナメル質がうまく作られなかった場合

エナメル質が作られなかったことが原因のホワイトスポットには、その範囲や大きさによって複数の治療法があります。

・ホワイトニング
ホワイトニングは、ホワイトスポットの範囲が小さい場合や部分的に現れたときに適しています。
(ホワイトニングにより、逆に白さが目立つ場合もあるため為、見極めが重要です。)。

・特殊なペーストを塗る
カルシウムやリンなど、ミネラルが配合されたペーストをホワイトスポットに直接塗って改善を図ります。即効性はないので、気長に取り組む必要があります。

・アイコン
アイコンとは、歯のエナメル質に特殊な薬剤を染み込ませ、歯の再石灰化を促す治療法のことです。即効性があり、再発を防ぐことができますが、実施している歯科医院は少ないので、事前に確認するようにしてください。

・歯のマニキュア
歯に白い薬剤を塗ってコーティングし、ホワイトスポットを目立たなくします。ただし、効果は持続せず、数日から2週間ではがれてしまいます。結婚式などのイベントに備えて、すぐ歯を白くしたいというときなどにおすすめです。

・ティーシーズ
専用の創作歯を貼り付けることで、歯を抜いたり削ったりせずに歯の色や形を美しくするプレジール独自の「ティーシーズ」も、ホワイトスポットにお悩みの方に適した治療法です。治療期間が短く、耐久性に優れているため、ホワイトスポットを迅速かつ長期的に解消することができます。

ホワイトスポットを解消して、理想の口元を手に入れよう

「気付いたらできていた」ということが多いホワイトスポットですが、前歯など目立つ場所にできてしまうと、口元の自信を失うことになりかねません。
ホワイトスポットを見つけたら、できるだけ早く歯科医院に行き、原因を明らかにしましょう。その原因に適した治療を行うことで、きれいな白い歯を取り戻すことができるはずです。

Pocket

コラムのテーマについて

いつもコラムをご愛読いただきありがとうございます。
当コラムは、毎回テーマを決め、歯科医師・審美歯科医師の視点から書いたものです。テーマの選定は、患者様からのご相談や歯科医師として気になったことをもとに行っておりますので、当院では行っていない治療に言及している場合もあります。
おかげさまで、読者の皆様から多くの反響をいただいており、ご質問には丁寧にお答えするよう心掛けてまいりました。しかし、当院で行っていない治療などにつきましては、お問い合わせをいただきましても、受付窓口がお答えできないことを予めご了承ください。
これからも当院、並びに当コラムをよろしくお願いいたします。

デンタルサロン・プレジール

 
 

PAGE TOP