お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

再診・その他のお問い合わせ

オンライン予約

無料メール相談

金属を一切使わないメタルフリー治療には多くのメリットが!

メニューへ
デンタルサロンプレジール
無料シミュレーション体験

金属を一切使わないメタルフリー治療には多くのメリットが!

Pocket

ご愛読いただきありがとうございます。デンタルサロン・プレジールの歯科医師、川邉(かわべ)です。歯やお口に関する話題をお届けしている当コラムですが、今回は、かつての歯の治療(おもに虫歯治療)で多用されていた金属が引き起こす問題と、それを解決した「メタルフリー」素材についてまとめてみました。
昔、治療を受けた歯や、これから治療を受ける歯について、改めて考える機会になれば幸いです。

いわゆる銀歯に含まれるパラジウムが金属アレルギーを引き起こす

ひと昔前まで、虫歯の治療といえば「銀歯」でした。もちろん、高価な銀を使っていたわけではなく、歯を削った跡に詰める素材として使われていた「パラジウム合金」の見た目からそう呼ばれていたのです。しかし、このパラジウムが唾液によって溶かされ、少しずつ体内に取り込まれることによって金属アレルギーを発症したり、治療した歯や歯茎などが変色したりするなど、さまざまな問題を引き起こすことが判明。海外では、多くの国で使われない素材となっています。

しかし、日本では、現在もパラジウム合金が保険適用となる虫歯治療(詰め物・被せ物)の対象となっているため、多くの歯科医院で使われている現状があります。パラジウム合金には、治療費を抑えられる以外にも、定着しやすく強度も高いというメリットがありますので、一概に「NO」とはいえませんが、次のようなリスクがあることは覚えておいてください。

<パラジウムの金属アレルギーが原因で引き起こされる症状>
・アトピー性皮膚炎
・蕁麻疹
・掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
・尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)
・口内炎や舌炎
・歯や歯茎の変色 など

メタルフリー素材で金属アレルギーを回避

金属アレルギーの原因が治療に使用したパラジウム合金だと判明したら、せっかく治した詰め物や被せ物を除去するしかありません。もちろん、歯に穴が開いたまま、欠けたままでは虫歯などが再発する可能性が高くなりますし、痛みが再発したり、食事などの日常生活にも支障をきたしたりしますから、金属を使わない素材で再治療する必要があります。

この金属を使わない治療(あるいは素材)がメタルフリーと呼ばれるもので、使われるのはセラミックやレジンが中心です。自然の歯に近い色にできることから、審美面では圧倒的なアドバンテージがあります。また、密着性も高いので治療した場所から細菌が入り込むリスクもほとんどありません。

表から見えない場所もメタルフリーに

誰が見ても明らかな詰め物や被せ物だけでなく、歯列矯正に使う素材や見えない部分もメタルフリー化が進んでいます。例えば、歯列矯正も金属製のブラケットだけでなく、マウスピースで行えるようになっています(治療する歯の状態によって選択できない場合もあります)。また、インプラントの土台(コア)も金属ではなく、グラスファイバー製の物を選べるようになりました。部分入れ歯も同様で、いわゆるバネの部分を樹脂製にした物を使う歯科医院が増えています。

Pocket

コラムのテーマについて

いつもコラムをご愛読いただきありがとうございます。
当コラムは、毎回テーマを決め、歯科医師・審美歯科医師の視点から書いたものです。テーマの選定は、患者様からのご相談や歯科医師として気になったことをもとに行っておりますので、当院では行っていない治療に言及している場合もあります。
おかげさまで、読者の皆様から多くの反響をいただいており、ご質問には丁寧にお答えするよう心掛けてまいりました。しかし、当院で行っていない治療などにつきましては、お問い合わせをいただきましても、受付窓口がお答えできないことを予めご了承ください。
これからも当院、並びに当コラムをよろしくお願いいたします。

デンタルサロン・プレジール

 
 

PAGE TOP