お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

再診・その他のお問い合わせ

オンライン予約

無料メール相談

愛される人は「スマイルライン」と「頬壁」が違う!

メニューへ
デンタルサロンプレジール
無料シミュレーション体験

愛される人は「スマイルライン」と「頬壁」が違う!

Pocket

こんにちは! デンタルサロン・プレジールの歯科医師、川邉(かわべ)です。「歯医者さんがホンネで薦める審美歯科ココだけの話」をご覧いただき、ありがとうございます。

人の第一印象を左右するのは、歯や歯茎の色、そして「スマイルライン」と「笑ったときに見える口の中の肉(頬壁)」だといわれています。
スマイルラインとは、審美歯科の視点から理想とされる歯や口元の基準のことです。
笑ったときの下唇のラインと、上の前歯の両側犬歯の先端を結んだときの曲線が、ほぼ重なっている状態が美しいとされています。

もうひとつのポイントとなる「頬壁」は、言葉のとおり頬の裏側にあたる部分のことです。にこっと笑ったときにきゅっと口角が上がる人は、歯と頬のあいだに隙間が空き、きれいに頬壁が見えます。
頬壁が見える笑顔に必要なのは、口の周りの口輪筋です。この筋肉は、年齢とともに下がってくるものですが、意識次第でいくらでも鍛えられる筋肉でもあります。
誰でも簡単にできるのは、普段の生活の中でできるだけ表情豊かに暮らし、意識的に笑顔を作ることです。最初は作り笑顔でも構いません。続けていれば表情筋が鍛えられて、自然と口角が上がるようになるでしょう。

もっと積極的に訓練するなら、口を閉じたまま唇の裏側を舌でなぞったり、奥歯で割り箸をくわえて口角を上げたりするトレーニングがおすすめです。また、500mlのペットボトルに100~200mlの水を入れ、歯を使わないように注意しながら唇の力だけで持ち上げ、10秒間キープする(より長く耐えられる人は限界まで!)ことでも、口の周りの筋肉「口輪筋」を鍛えられます。口輪筋が鍛えられると、顔全体が引き締まって小顔効果も得られますし、口腔内のトラブルも減るなどの良い効果が期待できます。初めはちょっとつらいかもしれませんが、10秒キープを1日3セット、できるようにがんばってください。
誰からも愛される笑顔を目指して、頬壁が見える美しいスマイルラインを手に入れましょう。

Pocket

コラムのテーマについて

いつもコラムをご愛読いただきありがとうございます。
当コラムは、毎回テーマを決め、歯科医師・審美歯科医師の視点から書いたものです。テーマの選定は、患者様からのご相談や歯科医師として気になったことをもとに行っておりますので、当院では行っていない治療に言及している場合もあります。
おかげさまで、読者の皆様から多くの反響をいただいており、ご質問には丁寧にお答えするよう心掛けてまいりました。しかし、当院で行っていない治療などにつきましては、お問い合わせをいただきましても、受付窓口がお答えできないことを予めご了承ください。
これからも当院、並びに当コラムをよろしくお願いいたします。

デンタルサロン・プレジール

 
 

おすすめの関連記事

PAGE TOP