ホーム > blog > 歯茎の黒ずみ、あきらめていませんか?

歯茎の黒ずみ、あきらめていませんか?

ティーシーズやホワイトニングで、あるいは元から白く輝く歯が自慢の方でも歯茎が黒ずんでいたらどうでしょう。

やはり清潔感に欠けてしまうのではないでしょうか。

そこで、まず黒ずみの原因を探ってみましょう。

歯茎の黒ずみの原因と対策

1. 歯茎の黒ずみの原因

原因は主に3つ

1.メラニン色素の沈着

生まれつきメラニン色素が多い

2.喫煙

タバコに含まれるニコチンやタールの刺激によるメラニン色素沈着の増加

タバコの煙に含まれる一酸化炭素により歯茎が酸欠状態に陥り血流障害を生じた結果赤紫色の歯茎を呈する

親の喫煙により子供の歯茎にメラニン色素沈着が生じる率が高くなることもある

3.金属を使った歯の治療

被せもののクラウンや土台に金属を使用した場合、金属が歯茎から透けて見えるため黒ずんで見える

金属の土台の形を整える際に生じる微小な金属片が歯茎に溶け込んで黒ずむ

2. 歯茎の黒ずみの対策

1.(メラニン色素の定着)と2.(喫煙)は歯茎ピーリング、歯科用レーザーなどにより歯茎の色を回復できます。

3.(金属を使った歯の治療)は、被せものや土台を金属ではなくオールセラミックなど、金属を使わない材質にやりかえます。歯茎の奥に入り込んだ金属片は電気メスやレーザーを用いて取り除きます。

当クリニックの症例写真

ほとんどの場合は生まれつきメラニン色素が多い、あるいは喫煙が原因です。

当クリニックでは歯茎ピーリングというメニューをご用意しております。

薬品を歯茎に塗る方法で、施術後2、3日は歯茎がヒリヒリします。

個人差はありますが、10日前後で皮がむけてピンク色の歯茎に変わります。

施術時間は約30分程度です。

歯茎の黒ずみを諦めてしまった貴方、ぜひ一度デンタルサロン・プレジールへご相談下さい。

PAGE TOP