ホーム > blog > 補助グッズでより清潔な歯に!歯ブラシ以外のデンタルグッズ

補助グッズでより清潔な歯に!歯ブラシ以外のデンタルグッズ

あなたは普段、歯をきれいにするのに歯ブラシだけで済ませていませんか?
磨き残しが多い場所=虫歯や歯周病になりやすい場所です。汚れを貯めたままにしておくと歯周病や虫歯はもちろん、口臭の原因にもなります。
磨き残しを少しでも減らすためにも専用のグッズを使ってみては?
今日は簡単に出来るおすすめのグッズをご紹介します。

歯ブラシだけで大丈夫?プラーク除去能率をアップさせるデンタルグッズ

歯並びが良い人でも悪い人でも、多くの方に使用していただきたいのがデンタルフロスです。歯ブラシだけではどうしても歯と歯のあいだの細かい部分は汚れが落としきれません。

デンタルフロスを使うと歯に隙間が出来るから心配、、、という方がいらっしゃいますが、汚れがきれいに落とせるようになって今まで腫れていた歯茎が引き締まったことによるものがほとんどでしょう。間違った使い方をしなければ隙間ができることはないでしょう。

歯茎に押し付けるのではなく前後の歯に押し付けて、こすって汚れを落としましょう。

また、デンタルフロスは歯と歯のあいだの虫歯をチェックする診断の一つとしても用いられています。歯と歯の間に虫歯があって脱灰(歯の構造がもろくなった状態)が進んでいる場所はデンタルフロスが引っかかったりちぎれたりすることがあります。

歯と歯のあいだにトンネル状の三角の隙間ができたら歯間ブラシが良いでしょう。
歯間ブラシとは金属のワイヤーにナイロンのブラシが付けられた小さな歯ブラシの様なものです。

歯間ブラシはデンタルフロスと違ってサイズがあり隙間の大きさによってサイズが変わります。また、間違った使い方をすると歯茎を傷付けてしまう場合がありますので、奥歯など入れにくい部分は歯科医院で指導してもらうと良いでしょう。

面倒だと思われる方も多いと思いますが、一度スッキリ感を味わうとやみつきになりますし、歯や歯茎のためには重要な道具です。
まだ使っていないという方は、さっそく試してみてはいかがですか?

PAGE TOP