お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

再診・その他のお問い合わせ

オンライン予約

無料メール相談

見える部分はきれいなのに、歯の裏が黒いのはなぜ? 原因と元通りにする方法 | 東京 銀座の審美歯科 デンタルサロン・プレジール

メニューへ
デンタルサロンプレジール
無料シミュレーション体験

見える部分はきれいなのに、歯の裏が黒いのはなぜ? 原因と元通りにする方法 | 東京 銀座の審美歯科 デンタルサロン・プレジール

Pocket

こんにちは! デンタルサロン・プレジールの歯科医師、川邉(かわべ)です。「歯医者さんがホンネで薦める審美歯科ココだけの話」をご覧いただき、ありがとうございます。このブログでは、私のこれまでの経験や患者様のお話をもとに、ちょっと気になる歯の話や、口元の美しさにつながるヒントをお届けしています。

今回は、歯の裏側の黒ずみについてお話しします。人の目につきやすい歯の表側と違って、どうしても歯の裏側はケアが行き届かないものです。ふと鏡を覗いたら、「歯の裏が黒い」とびっくりすることがあるかもしれません。歯の裏側が黒くなる原因と元通りにする方法を、ぜひチェックしてください。

歯の裏側が黒くなるのはなぜ?

歯に色がつく「着色汚れ」には、さまざまなパターンがあります。
黒ずみの原因として多く聞かれる詰め物の劣化による変色や、銀歯から溶け出した金属イオンの付着、歯の神経治療による影響などは歯全体に及ぶため、「歯の裏が黒い」というケースの原因としては除外していいでしょう。では、いったい何が原因で歯の裏が黒くなるのでしょうか?

食べ物や飲みもの、煙草による着色汚れ

コーヒーやワインなど色のつきやすい物を飲んだり、カレーやチョコレートといった色の濃い物を食べたりしたあとで歯をしっかり磨かないと、「ステイン」と呼ばれる物質が歯に付着して汚れが蓄積し、黒ずみになります。これらの食べ物と同様、タバコのヤニも着色汚れの大きな原因のひとつです。

一度ついてしまったステインやタバコのヤニによる着色汚れは、普段どおりの歯磨き粉とブラッシングではなかなか落ちませんので歯科医院でのクリーニングがおすすめです。

黒い歯石

歯の根元部分が黒ずんでいる場合は「黒い歯石」が原因の可能性があります。
歯石は、歯の汚れであるプラークに唾液中のカルシウムやリンが混じって石灰化した物ですが、血液が混じると黒色になり、放置していると歯周病を引き起こします。

一度歯石ができてしまうと、自宅でどんなに歯磨きしても落とすことはできません。ちなみに、黒い歯石は歯肉の中にできることが一般的です。それが見えるということは、歯周病が進行して歯茎が下がってきている可能性もあるため、なるべく早めに治療するようにしましょう。

虫歯

歯の一部に黒い小さな点があるときは、歯のエナメル質に含まれるリンやミネラルが抜けて初期の虫歯になっている可能性があります。
この場合、どんなに丁寧にブラッシングをしても落とすことはできません。虫歯は、早期発見であれば削らずに済む場合も十分にありますから、早急に歯科医院に行って適切な治療をしてもらうようにしましょう。

黒ずみを防ぐには「日頃のケア」が大切

歯の裏が黒くなる原因と、その対処法についてご紹介しました。軽度の着色汚れを除き、黒ずみを自宅で落とし切るのは難しいということがおわかりいただけたかと思います。歯の黒ずみを放置していると、虫歯や歯周病で歯を失いかねないだけでなく、他人の目が気になってうまく笑えないコンプレックスにつながってしまうこともあります。

できるだけ黒ずみを引き起こさないよう、歯の裏側もしっかりブラッシングするようにすることも大切です。日々のケアと併せて、歯科医院での定期健診やクリーニングをするとより効果的なことはいうまでもありません。いつも目にする表側だけでなく、見えない裏側もきれいに保つ努力を忘れないでください。

Pocket

コラムのテーマについて

いつもコラムをご愛読いただきありがとうございます。
当コラムは、毎回テーマを決め、歯科医師・審美歯科医師の視点から書いたものです。テーマの選定は、患者様からのご相談や歯科医師として気になったことをもとに行っておりますので、当院では行っていない治療に言及している場合もあります。
おかげさまで、読者の皆様から多くの反響をいただいており、ご質問には丁寧にお答えするよう心掛けてまいりました。しかし、当院で行っていない治療などにつきましては、お問い合わせをいただきましても、受付窓口がお答えできないことを予めご了承ください。
これからも当院、並びに当コラムをよろしくお願いいたします。

デンタルサロン・プレジール

 

PAGE TOP