お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

再診・その他のお問い合わせ

オンライン予約

無料メール相談

大人と子供では呼び名が違う? 意外と知らない歯の名前のお話 | 東京 銀座の審美歯科 デンタルサロン・プレジール

メニューへ
デンタルサロンプレジール
無料シミュレーション体験

大人と子供では呼び名が違う? 意外と知らない歯の名前のお話 | 東京 銀座の審美歯科 デンタルサロン・プレジール

Pocket

こんにちは! デンタルサロン・プレジールの歯科医師、川邉(かわべ)です。「歯医者さんがホンネで薦める審美歯科ココだけの話」をご覧いただき、ありがとうございます。このブログでは、私のこれまでの経験や患者様のお話をもとに、ちょっと気になる歯の話や、口元の美しさにつながるヒントをお届けしています。今回のテーマは「歯の名前」に関するものです。

歯には一つひとつ名前がついている

「犬歯」や「臼歯」といった名前を聞いたことはありませんか? 子供のころに歯科医院で虫歯などの治療をしたとき、先生が歯をアルファベットで呼んでいた記憶がある人もいるかもしれません。

歯には一つひとつ異なる名前があり、さらに「乳歯」と「永久歯」では呼び方が異なります。まずは乳歯の名前をご紹介しましょう。

乳歯

「乳歯」はいわゆる「子供の歯」で、全部で20本あります。
母親が妊娠6週目に入ったころから作り始められ、だいたい生後6ヵ月頃から上下の「乳中切歯」が生えてきます。その後は前から奥に向かって、「乳犬歯」「第一乳臼歯」「第二乳臼歯」の順に3歳くらいまでに生え揃うのが一般的ですが、個人差があるので一概にはいえません。

乳歯が生えると食べ物を噛めるようになり、顎も発達します。また、永久歯が生えてくる際の目印としても大きな役割を果たしているため、虫歯などで乳歯が欠けると将来的な歯並びや顔の形にも大きな影響を及ぼす可能性があります。ちなみに、乳歯は虫歯の進行が早いので、毎日の歯磨きによるケアと、定期健診が欠かせません。

なお、歯科医院では乳歯を名称ではなくアルファベットで呼ぶのが一般的です。

アルファベットは、乳中切歯2本をAとして、奥に向かって乳側切歯2本がB、乳犬歯がC、第一乳臼歯がD、第二乳臼歯がEの順に振られています。

永久歯

永久歯は「大人の歯」とも呼ばれ、乳歯が抜けたあとに出てくる歯です。永久歯は、一番奥に生える「親知らず」を含めると全部で32本。上顎と下顎に16本ずつです。永久歯は、生えてくる場所と役割によって、大きく3つの名称に分けられます。

・切歯
上顎の中央を境に右に2本、左に2本。下顎の中央を境に右に2本、左に2本ある前歯は、食べ物を噛み切る働きをすることから「切歯」と呼ばれます。上下とも、一番手前の歯が「中切歯」、その隣が「側切歯」です。
コメント:上記の図の中央に点線等を入れると、上記の文章がより解り易いです。
・犬歯
「犬歯」は切歯と臼歯のあいだにある歯で、上下左右に1本ずつ、全部で4本あります。犬の歯、という名前のとおり尖った形状で、食べ物を切り裂きます。「八重歯」といわれるのは生える位置に難がある犬歯のことで、噛み合わせに支障をきたす場合などは、歯列矯正も考えなくてはなりません。

ちなみに、犬歯は英語で「dog tooth」ではなく、ラテン語で犬を表す「Canis」を使って「canine tooth」といいます。犬歯や臼歯などの専門的な歯科用語は、ラテン語に由来する学術用語で表すのが一般的です。

・臼歯
「臼歯」とは奥歯のことで、食べ物をすりつぶす働きをすることからこのような名称がつきました。犬歯の後ろから順番に第一小臼歯、第二小臼歯、第一大臼歯、第二大臼歯、第三大臼歯と分けられます。最後の第三大臼歯は親知らずのことです。

切歯、犬歯、臼歯には、それぞれ番号が振られており、歯科医院などではこの番号で呼ぶのが一般的です。番号は、中切歯を1番として奥に行くにつれて大きくなり、第三大臼歯が8番となります。

乳歯も出てきたばかりの永久歯も、虫歯には要注意!

永久歯の中でも早い段階で生えてくる第一大臼歯や切歯は、妊娠3~5ヵ月の胎児のころに作られ始め、ずっと成長を続けています。永久歯の歯冠部が完成した歯から、乳歯の根が少しずつ溶けて抜け落ち、だいたい6歳くらいから6、7年かけてすべての歯が生え変わります。
永久歯がうまく生えてくるように導く乳歯と、生えてきたばかりの永久歯は虫歯になりやすいため、乳歯と永久歯が混在している時期は特に気を付けて歯を磨きましょう。

ちなみに、永久歯の中では、生え揃ってから噛み合うまでに時間がかかり、歯磨きもしにくい「第一大臼歯」が最も虫歯になりやすいといわれています。自宅でのケアに加えて、定期的に歯科医院で健診を受けることをおすすめします。
尚、プレジールでは歯の萌出状態にもよりますが、審美歯科治療の対象年齢を18歳以上とさせ頂いております。

Pocket

コラムのテーマについて

いつもコラムをご愛読いただきありがとうございます。
当コラムは、毎回テーマを決め、歯科医師・審美歯科医師の視点から書いたものです。テーマの選定は、患者様からのご相談や歯科医師として気になったことをもとに行っておりますので、当院では行っていない治療に言及している場合もあります。
おかげさまで、読者の皆様から多くの反響をいただいており、ご質問には丁寧にお答えするよう心掛けてまいりました。しかし、当院で行っていない治療などにつきましては、お問い合わせをいただきましても、受付窓口がお答えできないことを予めご了承ください。
これからも当院、並びに当コラムをよろしくお願いいたします。

デンタルサロン・プレジール

 

PAGE TOP