お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

再診・その他のお問い合わせ

オンライン予約

無料メール相談

あなたは気付いていないだけ?実は多くの人が無意識のうちにしている「歯ぎしり」

メニューへ
デンタルサロンプレジール
無料シミュレーション体験

あなたは気付いていないだけ?実は多くの人が無意識のうちにしている「歯ぎしり」

Pocket

皆様、こんにちは! デンタルサロン・プレジールの歯科医師、川邉(かわべ)です。いつも「歯医者さんがホンネで薦める審美歯科ここだけの話」をご愛読いただき、ありがとうございます。このコラムでは、毎回皆様のお口の健康と美容に役立ちそうなテーマを紹介しています。

さて、今回取り上げるのは、自分ではなかなか気が付きにくい「歯ぎしり」についてです。歯ぎしりとは、「寝ているときに歯をギリギリ、ギシギシと鳴らす症状」だと考えている人は少なくありません。しかし、実際に音が出る歯ぎしりを行っている人はごく一部。歯ぎしりにはいくつかタイプがあって、中にはまったく音が出ないものもあるのです。ただ厄介なことに、音が出る・出ないにかかわらず、歯ぎしりは歯にとっては大きな負担となり、「歯が欠ける」「詰め物が取れる」「知覚過敏になる」「顎関節症の原因になる」など、口内や体に大きな影響を及ぼします。このように、実はとても怖い歯ぎしりの種類や影響、原因、解消法などについてまとめてご紹介しましょう。

歯ぎしりの種類は大きく分けて3つ

歯ぎしりは、大きく分けると次の3つのタイプに分類できます。

グラインディング

グラインディングとは、いわゆる世間一般でいう歯ぎしりで、上の歯と下の歯を強く噛んだ状態で、横に滑らせるような動きをすることです。症状が現れるのは睡眠中がほとんどで、「ギリギリ」「キリキリ」といった音がします。歯のすり減りが起こりやすいのが特徴で、長く続くと全体的に歯が磨り減って平らになったり、知覚過敏を引き起こしたりすることもあります。

クレンチング

クレンチングは、「無意識の食いしばり」のことを指します。上下の歯をぎゅっと強く噛み締めている状態で、グラインディングと違って音はほとんどせず、周りにも気付かれにくいのが特徴です。こちらもほとんどの場合、睡眠中に起こります。音はしませんが、顎に力が入った状態が持続されるため、目が覚めたときに口を開けづらかったり、顎に違和感を覚えたりすることがあるでしょう。

タッピング

上下の歯が小刻みにぶつかり合い、「カチカチ」「カンカン」といった音を立てている状態をタッピングといいます。グラインディングやクレンチングに比べると、発生率は低いといわれています。

なお、必ずしもどれか1つにあてはまるというものではなく、人によっては2つ以上の歯ぎしりのタイプを持っていることもあります。

歯ぎしりは歯や顎にダメージを与える

通常、私たちの歯は、口を閉じているときでも上下のあいだに1~2mmほどの隙間があるのが普通で、食事の際に食べ物を噛むとき以外、上下の歯が接触することはありません。1日3食きちんと食べたとしても、上下の歯が接触するのは1日に5~10分程度が標準です。 歯ぎしりは、このように本来離れているはずの上下の歯が長時間にわたってぶつかり合い、力がかかり続けている状態です。歯の接触は、例えば「重い物を持ち上げるときに思わず奥歯を食いしばる」など、一瞬のことなら問題ないのですが、長時間にわたると体にさまざまな悪影響をもたらします。まずは代表的な症状をご紹介します。

歯が磨り減る、欠ける

歯の表面を覆うエナメル質は人体で一番硬い素材ですが、長期にわたって上下の歯の摩擦を繰り返せば、だんだん磨り減ってしまいます。その結果、知らないうちに歯が欠けてしまったり、ひびが入ったりすることもあります。

知覚過敏が起きる

歯の磨耗により表面のエナメル質が薄くなれば、その奥にある神経が外からの刺激を受けやすくなります。その結果、虫歯でもないのに冷たい物が歯にしみたり、痛みを感じたりするなど、「知覚過敏」の症状が起きやすくなります。

顎関節症の原因になる

歯ぎしりを続けていると口の周りや顎の筋肉が疲労するため、関節に痛みが出たり障害が生じたりすることがあり、顎関節症につながります。また、歯が磨り減ることで噛み合わせが悪くなることもあります。

肩こりや偏頭痛、耳鳴りを引き起こす

歯ぎしりは顎の筋肉に大きな負荷を与え、肩こりや偏頭痛、耳鳴り、めまいなどを引き起こすこともあります。

歯ぎしりの解消には「マウスピース」が有効

歯ぎしりの原因は精神的なストレスとする説が有力で、噛み合わせの悪さや飲酒・喫煙とも関連性があるといわれていますが、実はまだはっきりわかっていません。残念ではありますが、歯ぎしりを完全に予防することは難しいのが現状です。

一方、すでに起こっている歯ぎしりの対処法は確立されており、「ナイトガード」と呼ばれるマウスピースを使うのが一般的です。就寝前にゴム製のやわらかい素材でできたマウスピースをはめることで、歯ぎしりによって歯や顎に負担がかかるのを防ぎます。なお、マウスピースには市販品と歯科医院で作ってもらう物の2種類があり、それぞれ次のようなメリット・デメリットがあります。

市販のマウスピース

自分の歯型に合わせて成形する物と、予め形状が決まっている汎用タイプがあります。

<メリット>

・ドラッグストアなどで販売されており、価格も1,000円程度なので購入しやすい

<デメリット>

・フィット感が低めで、違和感を覚えやすい ・成形する際に噛み方が悪いとゆがんだマウスピースを使い続けることになり、顎の関節や噛み合わせに悪影響をもたらす可能性がある

歯科医院製のマウスピース

一人ひとりの歯に合わせて、カスタムメイドで作製されます。

<メリット>

・カスタムメイドなので歯にしっかりフィットする ・歯科医師による診断とセットで受けるため安心

<デメリット>

・作製に時間がかかる(通常、診察・検査→作製→引渡しという流れとなるので、診察から1~2週間かかる) ・市販品に比べれば価格が高い(保険診療の場合で5,000~7,500円ほど、自費診療の場合で1万~3万円程度)

歯ぎしりは、就寝時に起きるために自分では気付きにくく、ただの癖と思って放置しやすいものですが、長期化すると体に深刻な影響を与えかねません。もし気になるようでしたら、一度歯科医院を受診してみてください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

PAGE TOP