お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

再診・その他のお問い合わせ

オンライン予約

無料メール相談

歯が欠けた!黒く変色している!それぞれの原因ときれいに戻す治療法

メニューへ
デンタルサロンプレジール
無料シミュレーション体験

歯が欠けた!黒く変色している!それぞれの原因ときれいに戻す治療法

Pocket

皆様、こんにちは! デンタルサロン・プレジールの歯科医師、川邉(かわべ)です。いつも「歯医者さんがホンネで薦める審美歯科ここだけの話」をご愛読いただき、ありがとうございます。このコラムでは毎回ひとつずつ、皆様のお口の美容と健康に役立ちそうなテーマを紹介しています。

さて、今回のテーマは「歯の欠け・変色の原因と治療法」です。歯は、その表面を「エナメル質」という鉄よりもずっと硬い物質に覆われ、非常に丈夫な作りをしていますが、さまざまな事情によって欠けたり、黒く変色したりしてしまうことがあります。どちらも見た目が悪いだけでなく、傷口から虫歯菌が入るなど、さらなる問題につながる危険性がありますので、できる限り早期に治療を行ったほうが良い状態です。しかし、丈夫なはずの歯が、いったいなぜ欠けたり黒ずんだりしてしまうのでしょうか。それぞれの原因と治療法についてお話ししたいと思います。

歯が欠ける2大原因と治療法

歯が欠けてしまう原因を大きく分けると「歯に大きな力が加わった場合」と「歯の健康が損なわれた場合」に二分されます。それぞれについて、詳しくご紹介しましょう。

歯に大きな力が加わった場合

歯に大きな圧力がかかると、耐え切れずに割れてしまうことがあります。
交通事故で歯を強打したり、スポーツの接触プレーでぶつかったりするなど、「外から直接的に力が加わった」場合はもちろんですが、「無意識の歯ぎしりや食いしばり」「ここ一番というときで奥歯をギュッと嚙み締めるといった習慣」も、歯に大きな負担をかける点では同じです。
歯ぎしりや食いしばり時に歯にかかる力は体重の2倍ほどで、無意識下の就寝時はその倍になるともいわれています。そのような接触を何度も繰り返すうちに、歯が削れたり傷付いたりしてしまうのです。噛み合わせが悪く、一部の歯しかうまく噛み合っていない場合も同様で、本来、複数の歯に均等にかかるべき力が1~2本に集中してしまうため、歯が傷みやすくなります。
治療法としては、欠けた部分に詰め物や被せ物をして保護するとともに、マウスピースを使って夜間の歯ぎしり・食いしばりの軽減を図っていきます。

歯の健康が損なわれた場合

エナメル質は非常に硬い物質ですが、酸に弱く、虫歯菌が出した酸により徐々に溶かされて、穴が空いてしまうことがあります。いわゆる「虫歯」ですが、この状態の歯は非常にもろくなっているため、硬い物を食べたり奥歯をグッと食いしばったりしたときに、欠けてしまうことが珍しくありません。また、酸性度の高い飲食物を多くとると発生する、歯が酸に溶かされてしまう「酸蝕歯」という症状になった場合も、同様のことがいえます。
治療法ですが、虫歯が原因のときは、まず治療を受けること。酸蝕歯が原因の場合は酸性の飲食物をできる限り控え、酸性を中和する効果を持つ唾液の分泌を促すことが治療の第一歩です。同時に、すでに溶けてしまった部分には、詰め物や被せ物をして治療します。

歯が欠けてしまったときにやるべきこと、やってはいけないこと

先にお話ししたような原因で歯が欠けてしまった場合、正しい対処法は、欠けた部位にできるだけ触らず、なるべく早めに歯科医院へ行くことです。可能であれば、欠けた歯を拾って清潔なガーゼやハンカチで包み、いっしょに持っていきましょう。欠片が大きく保存状態が良ければ、歯科用接着剤で元通りにつけられる場合もあります。

逆にやってはいけないのは、無理に自分で欠片を戻そうとしたり、欠けた場所を指や舌で何度も触ったり、欠けたまま放置することです。これらの行為をすると欠けた場所から虫歯菌が入り込み、歯茎の腫れや膿だまりにつながるリスクが高くなってしまいます。特に痛みを感じない場合も、できる限り早く歯科医院で診てもらってください。

欠けた歯やぶつけた歯が黒くなる理由と対処法

外部から大きな力が理由で歯が欠けると、色まで変わってしまうことがあります。また、何かに強くぶつけただけで欠けには至らなかったとしても、やはり色が変化する場合もあります。色が変わる理由はいくつか考えられますが、歯への血液供給の滞りや内出血、歯の内部が溶ける症状が発生したときは、黄色やピンク色になることが多いようです。

一方、グレーや黒に近い色に変わった場合は、神経が死んで象牙質に変性が起きた可能性があります。歯の中心には歯髄と呼ばれる神経が通っており、歯に栄養分や水分を供給しています。歯が強い衝撃を受けて神経が死んでしまうと(虫歯治療のために神経を取った場合も同様です)、歯は水分がなくなって徐々に黒ずんでいきます。欠けた(ぶつけた)直後は変化に気付かなくても、神経が死んだ歯は経年変化で黒ずんでいきますので、審美的な意味でも何らかの対策を行ったほうが良いでしょう。

たいへん残念なことですが、神経が死んで黒くなった歯の色を元に戻す方法はありません。しかし、セラミック製の被せ物を被せたり、プレジールの「ティーシーズ」など薄いセラミック製の板を歯の表面に貼ったりすることで、天然の歯のような外観にすることはできます。

また、歯をぶつけた(強い衝撃を受けた)ときは、(欠けに至らなかったとしても)根管治療が必要なことがほとんどです。たとえ見た目に変化がなくて痛みを感じない場合でも、自己診断で経過を見るのではなく、なるべく早めにかかりつけの歯科医院で診察を受けてください。なお、歯科医院ではレントゲン写真を撮った上で判断することになりますが、ぶつけ方や場所などをしっかり説明することも大切です。

まとめ

 

歯はとても丈夫なものである一方、強い衝撃や日々の習慣などによってダメージを受けると欠けてしまうこともあるデリケートなものでもあります。また、欠けなかった場合でも、外からは見えない部分である神経が死んでしまうと、歯は時間経過とともに黒く変色してしまいます。欠けた歯や黒ずんだ歯は、後々、ほかの問題を起こす可能性が(健康な歯と比べると)大きいので、早急に歯科医院を訪れて治療を受けたほうが良いでしょう。もちろん、見た目も悪くなってしまいますので、気になる方はプレジールにご相談ください。それぞれの状態を確認させていただいた上で、ティーシーズをはじめとするさまざまな治療をご提案いたします。

Pocket

コラムのテーマについて

いつもコラムをご愛読いただきありがとうございます。
当コラムは、毎回テーマを決め、歯科医師・審美歯科医師の視点から書いたものです。テーマの選定は、患者様からのご相談や歯科医師として気になったことをもとに行っておりますので、当院では行っていない治療に言及している場合もあります。
おかげさまで、読者の皆様から多くの反響をいただいており、ご質問には丁寧にお答えするよう心掛けてまいりました。しかし、当院で行っていない治療などにつきましては、お問い合わせをいただきましても、受付窓口がお答えできないことを予めご了承ください。
これからも当院、並びに当コラムをよろしくお願いいたします。

デンタルサロン・プレジール

 

PAGE TOP