お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

再診・その他のお問い合わせ

オンライン予約

無料メール相談

歯列矯正の痛みはいつからいつまで?痛みをやわらげる方法もチェック!

メニューへ
デンタルサロンプレジール
無料シミュレーション体験

歯列矯正の痛みはいつからいつまで?痛みをやわらげる方法もチェック!

Pocket

「歯列矯正は痛かった」という話を聞くと、「痛み」の度合いが気になるところです。歯列矯正は歯を動かす治療なので、まったく痛みがないということはありません。しかし、その痛みのほとんどは、日常生活に影響を及ぼすほどではなく、痛みを感じやすいタイミングと対策を知っていれば十分対処できるものです。
歯列矯正によって痛みを感じる期間と、その対処法についてご紹介します。

歯列矯正で痛みを感じるタイミングは4つ

歯列矯正をしていて痛みを感じるタイミングは、大きく以下の4つに分類されます。

歯が動くときの痛み

矯正装置を装着すると歯に力がかかり、歯が動き始める段階で痛みを感じます。痛みは、矯正装置を初めてつけたり、再調整したりしたときに起こりやすく、特に初めて装着したときは痛みが1週間程度続くこともあります。
しかし、矯正治療を続けていると少しずつ慣れてきて、痛みを感じても調整後3日ほどで治まるようになり、「痛み」というよりは「違和感」というレベルに変わるでしょう。それでも、どうしても耐えられないときは、以下の方法を試してみてください。

・痛みを感じる部分を皮膚の上から冷やす
・氷水などでお口の中を冷やす
・痛み止めを飲む

食事をするときに感じる痛み

最初に挙げた「歯が動くときの痛み」があると、食事のときも痛みを感じやすくなります。この痛みも次第に引いてきますが、耐えられないときは食事のメニューを工夫してみましょう。風邪をひいたときの食事のように、野菜スープや雑炊といった「歯に負荷がかかりにくい柔らかい食事」がおすすめです。

矯正装置があたって発生する痛み

しゃべったり、物を噛んだりするときに矯正装置が口腔内に接触して生じる痛みもあります。しばらく経っても治まらない場合は歯科医院に行って調節してもらうか、専用のワックスを処方してもらって摩擦を減らしましょう。

装置が気になって、口内を噛んでしまうことによる痛み

矯正装置は、いわば異物です。初めて装着してからしばらくはその存在が気になり、無意識のうちに舌で触ろうとしたり動かそうとしたりして口内を噛んでしまうことがあるかもしれません。噛んだ部分が口内炎になって一時的に痛みが増す場合もありますが、装置に慣れることで減っていくでしょう。口内炎がひどくなってしまった場合は、専用の薬を処方してもらってください。

歯列矯正の痛みは、一時的なもので長くは続かない

歯列矯正をして痛みを感じると、「このままずっと痛みが続くのでは?」と不安になるかもしれません。しかし、前述したとおり、痛みには波があります。「一刻も早く消えてほしい」と思うのは当然ですが、あまり焦らずに、まずはご紹介した対処法を試してみてください。
その上で、どうしても耐えられないと感じたときは、歯科医院に調節してもらうことも可能です。歯列矯正にある程度の痛みは付き物。治療が終わってきれいな歯並びを手に入れたときのことを想像して、痛みがある期間を乗り越えましょう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

PAGE TOP